開発のお供に、Gitでバージョン管理を始めましょう。

gitを始めるイメージ画像 技術コラム

Gitを使うと、Web開発やシステム開発、ゲーム開発などのあらゆるプロジェクトを効率的に管理出来る様になります。

開発のお供に、Gitでバージョン管理を始めましょう。

Gitとは

Gitとは、Linux OSの生みの親であるリーナス・トーバルズさんが開発したバージョン管理システムです。

Gitを使う必要性とメリット

新しいプロジェクトを開発する時、なんらかの形で段階的にプロジェクトのバージョンを管理していく必要があります。(バージョン管理せずにひたすら開発していると、開発途中で重大なバグが見つかったら、これまでの作業が水の泡になってしまうかも・・。)

またGitを使う事で、複数人で安全にプロジェクトを開発可能になります。せっかく作った自分の機能が、もしも他人の更新作業により無かった事にされてしまったら、開発が進まなくなってしまいます。Gitではこの様な事態を避ける為に、他人が担当している作業部分と、自分の担当部分の競合(コンフリクト)を自動的に見つけ、問題がないか簡単にチェックする事が出来ます。

gitのイメージ画像

リポジトリとは、バージョンの変更情報を蓄えたデータベース(情報の集まり)です。上記の図の様に、分散してバージョンを管理する構造となっているので、分散型バージョン管理システムと呼ばれています。

Git – 使い方の流れ

Gitは、コマンド操作で操ります。扱い方は非常にシンプルです。

リポジトリを新たに作って、そこへプロジェクトの内容(ソースコードなど)をアップロード(Gitでは、コミットやプッシュと呼ぶ)します。

他人が更新した新規修正内容を、自分の開発環境へ取り入れるには、git pull というコマンドを使用します。

具体的には、GitHubやBackLogでリポジトリを準備し、gitをインストールしたLinuxなどの開発環境から、リポジトリに対してコマンド操作を行います。

Gitの始め方

GitHub

Gitを使うには、GitHubという無料のWEBサービスを利用するのが最もおすすめです。TOPページは日本語ですが、サイトの中身は英語です。GitHubの使い方に関しては、日本語の解説情報が沢山あります。問題無く学習を進める事が出来ます。

GitHubの具体的な扱い方についてのチュートリアルは、こちらの記事が大変参考になりました。

BackLog

また、BackLogというWEBサービスを使ってもGitを利用する事が出来ます。BackLogは有料サービスですが、タスク管理も同時に出来ますので、複数人での大規模開発では非常に頼りになります。

BackLogが提供するGit入門講座もあり、可愛らしい絵が多く初心者におすすめの内容です。

まとめ – Gitを使うメリット

・Gitを使うと、あらゆるプロジェクトを効率的に管理出来る。

・複数人でも、安全にバージョン管理が可能。

・GitHubや、BackLogなどの外部サービスを利用すれば、簡単に扱える。

コメント