WEB開発入門、無料でGCPを学習し、独自サービスを公開しましょう。

クラウドサービスのイメージ画像 技術コラム

WEB開発入門、GCPの無料学習を始めましょう。

GCPとは?

GCPとは、GoogleCloudPlatform(グーグルクラウドプラットフォーム)の略で、Googleが提供するクラウドコンピューティングサービスです。分かり易く言い換えると、誰でも簡単にパコソンが借りられて、WEBサーバーを構築、運用する為の各種便利機能も提供してくれる素晴らしいサービスです。

GCPとAWSの違い

GCPと似たサービスで、AWS(AmazonWebService)というサービスがあります。こちらはAmazonが運営しておりますが、サービスの内容としてはほぼ同じです。

AWSの方がサービスの歴史が長い為、機能面における選択肢が多く、開発者向けのドキュメント(説明書)も豊富に用意されています。その分、使いこなせれば柔軟性、拡張性の点でGCPより優れていますが、学習コストが高くつくのがデメリットとなります。

GCPは、AWSと比較して機能の多様性に欠けていますが、それが逆に分かり易さに繋がっています。学習コストが大変低く、クラウドコンピューティングサービスに始めて触れる方に対して、特におすすめしたいサービスです。

企業案件の場合だと、これまでの稼働実績や、社内ノウハウを活用できるAWSが最も選択されやすいのが実情です。個人開発においては、AWSよりもGCPの方が扱いやすく、分かり易いので、私はGCPを愛用しております。

GCPのインスタンス(パソコン)の立ち上がる速度は、AWSと比べて非常に高速です。

AWS(EC2)の場合: 1分半~2分程度
GCP(GCE)の場合: 30秒程度で立ち上がる

例えば、初心者がLinuxOSを学習する際には、PC再起動やOS再インストールなどの作業がどうしても必要になってきますから、これは大きなメリットです。

GCPなど、クラウドサービスの必要性とメリット

GCPやAWSを使わずに、自宅の実機でWEBサーバーの運用も可能です。

しかし、一度ハッカーの標的にされてしまうと、自宅のネット環境に対して悪影響が出てしまうリスクがあります。 ※ 実体験有り。

また、アクセス数が増加してサーバーを増強したい、逆にアクセスが少なくなったから縮小したい、といった調整が簡単に出来ます。これが、クラウドサービスを利用する最大のメリットです。

GCPの始め方、おすすめの学習方法

GCP – 始め方の流れ

  1. GCPアカウントを用意する。(既存のGoogleアカウントでもOK)
  2. GCP上で新規プロジェクトを作成する。
  3. GCP上で、新規インスタンスを立ち上げる。
  4. 立ち上げたインスタンスに、TeraTerm(無料ツール)を使ってSSH接続する。

– SSH接続とは
外部のPCに接続し、遠隔操作を行う仕組みです。

GCP – 具体的な学習方法

まずは無料枠内で、学習を進めるのがおすすめです。

LinuxOS (Cent OS8 又は 7) を、とりあえず触ってみる所を学習目的とされるのが更におすすめです。

クラウドサービスは、インスタンスを立ち上げた累計時間、通信料を加味した従量課金制が主流となっています。

学習を始める際に、いきなりお金を払うのは少しハードルが高過ぎますよね。GCPやAWSでは、初心者向けに、無料枠、無料期間が設けられていますので、安心して学習に集中出来ます。

具体的な無料対象サービス、期間はその都度調整が行われています。2020年6月25日現在では、無料期間は1年であり、その後も無料枠内で利用し続ける方法もございます。※ 以下リンクが大変参考になりましたので、ご活用下さい。

これから始めるGCP(GCE) 安全に無料枠を使い倒せ

学習題材.1 DiscordBotを構築する

学習する際には、何か目的が無いとなかなか身に付きませんので、DiscordBotを作ってみるというのはいかがでしょうか。

※ 以下は、私が初めてDiscordBotを作った時に参考にしたリンクです。環境はCentOS7、WebサーバーはNode.jsです。

CentOSにyumでNodeJS最新版をインストール(NodeSource)

V2 Tutorial: Creating your first Discord Bot — Part 1

学習題材.2 自分のブログサイト(更新するはどうかは別として)

または、wordpressを使って、自身のオリジナルサイトを構築してみるのも面白いです。

CentOS7 + Nginx で WordPress をインストールする

自分の思いつきや、感じた疑問点を調べながら一つずつ解決していく事で、やりたい事が少しづつ出来る様になっていきます。GCPでWEB開発を行うのが、どんどん楽しくなって行きますよ。

まとめ – GCPを始めるメリット

・誰でも簡単に、インターネット上でパコソンが借りられる。

・無料で学習できる。うまく構築すれば、非常に少ない費用で運用出来る。

・アクセス数の増減に対して、柔軟に対応できる。

コメント