プログラミングが必ず身に付く、おすすめの学習方法

プログラミン画像 技術コラム

私は今年で、プログラミング歴8年目になります。途中、大工として肉体労働していた時期もありますので、途中3年ほどブランクがあります。それでも、プログラミングで自分が作りたいと思ったサービスを完成させる自信があります。

プログラミングが必ず身に付く、おすすめの学習方法

「自分でテーマを決め、作りながら学ぶ」が最も身に付きやすい。

私がオススメするプログラミングの学習方法は、自分の持てる知識で、まずは作れそうだと感じる物を作ってみる、実践形式の方法です。

例えば書籍の場合では、各章が終わるごとにその章で学んだ知識で、さっそく何かオリジナルのプログラムをゼロから組んでみましょう。for文を学んだのであれば、「偶数回の繰り返しの時と、奇数回の時で処理を分けてみよう」とか、「最後の繰り返しの時だけ処理を特別な物にしてみよう」といった感じです。

「一週間で、プログラマーになろう」という入門講座を執筆しておりますので、是非ご活用下さい。(プログラミングの基礎、考え方、システム開発の全体的な流れを掴める内容です。)

挫折してしまった時の体験談

私が初めてプログラミングを学び始めたのは、23歳の頃でした。ゲームがとにかく大好きで、自分でも作りたくなったのがきっかけです。手始めに、本屋でC言語の入門書籍を3冊程購入し学習を進めました。プログラミングがどういう物かはなんとなくわかりましたが、では実際にどうやったら自分でオリジナルゲームを作れるの?と、具体的なイメージが湧かず、挫折してしまいました・・・。

プログラミング初心者は、「自分がやりたい事を実現する為に何が必要なのか」がわからないんです。先が全く見えない暗い夜道を、ただひたすらに進み続けるのは辛過ぎます。

プログラミングが身に付いている!と実感する為には

とにかくゲームが作りたかった私は、更にゲーム開発系の書籍を読み漁りました。にも関わらず、プログラミングが打てるようになったという実感が全く湧いて来なかったんです。途方に暮れましたが、とりあえず何か出来る範囲で行動してみようと考え「超シンプルなジャンケンゲーム」を作ってみる事にしました。絵は全く無くて、真っ黒い画面にただ文字が出るだけです。他人が見てもなんとも思わないしょぼい作品でしたが、私はこの時初めてプログラミングが身に付いた!と実感する事が出来たんです。

プログラミングは、本を読んだり、他人に教えて貰うだけでは身に付きません。

自分で考えて、調べて、解決出来た時、初めて実感が湧いてくる。

プログラミングスクールや、上記の様なオンライン学習サービスだけを利用しても、おそらく自分でプログラミングを組めるようになった、という実感はなかなか湧いて来ないかと思います。

十分に知識をインプットしたら、今度はしっかりアウトプットして行きましょう。自分でわからない事を調べながら解決していく経験の積み重ねこそが、自信に繋がります。

ふと思いついた自分のオリジナルアイディアをどうやったら実現出来るのか、是非挑戦しましょう。受け身では無く、主体的に行動する必要があります。これが、「自分でテーマを決め、作りながら学ぶ」プログラミングの最も効率の良い学習方法です。

プログラミング際中に、わからない事があった時の調べ方

文法がわからない

文法であれば、インターネットで関数名やデータ型 (配列、オブジェクト、文字列とか) を検索すれば、情報が沢山出てきます。自分が習得したいプログラミング言語の名前を検索に含めると尚良いです。「JavaScritp 配列 コピー」といった具合です。

外部の誰が作っているんだが良く分からないプラグイン(拡張機能)なども、プラグイン名で検索すると、大抵は公式ドキュメントがきちんと用意されています。

私がIT業界で研修中だった時に、先輩や社長さんから口酸っぱく言われたセリフがあります。

「公式のドキュメントを良く読みましょう!」

遠回りな様に思えてサボってしまいがちですが、実は一番の近道だと痛感しました。

公式のドキュメントは英語の場合も多いですが、私は英語が読めなくてもなんとかなってます。Googleのサイト翻訳機能を使って読み解いて行きましょう。

自分が作りたい物を、どうやったら作れるか分からない

段階的に解決して行きましょう。例えばスマホ用のアプリを作りたいとします。まずは、インターフェースを作るにはどうすれば良いのか調べ、実際にハリボテの画面を作ってみます。次に、タイトル画面や他の画面も作ってみて、ページの移り変わりが出来る様にしてみましょう。細かい機能は、最後につけて行くと良いです。

もしも近くに相談できる人が居たら、その人に相談するのが最も早いかもしれません。プログラマーは、他人の役に立つ事にとても喜びを感じる方も多いので、感謝の気持ちを持って相談すれば力になってくれると思います。

MENTAというメンター(先生)を探せるサービスを使うのも良い選択肢だと思います。

もし私で良ければ、ページ下部のコメント欄、又はtwitterからご相談頂けます。

まとめ – プログラミングが必ず身に付くコツ

自分の持てる知識で、まずは作れそうだと感じる物を作ってみる

・自分が今作れそうに無い物は、機能を細分化して、段階的に作ってみる。

・挑戦を恐れず、トライ&エラーで、一歩ずつ前へ。応援してます!

コメント